Bluetoothスピーカーを選ぶ際のポイントについて

オーディオだけでなく、スピーカーの質も音質に影響を与えます
Bluetoothスピーカーを選ぶ際のポイントには、以下のような物があります。
一つ目は、「どのコーデックが対応しているか」。
Bluetoothスピーカーでは、音声を送る際にデータの圧縮が行われますが、この規格がコーデックです。

 

これは、端末とスピーカーのどちらも対応している必要があり、「SBC」であればどのスピーカーでも使えますが、音質が悪いという難点があります。
よい音質を求めるなら、「AAC」「apc-X」「LDAC」などを選ぶとよいでしょう。

 

二つ目は、「NFCに対応しているか」。
Bluetoothに対応している機器をつなぐには、「ペアリング」という作業が必要です。
これは、さほど難しくはないのですが、NFCに対応していれば、さらに容易になるので、できれば対応している物を選んだほうがよいでしょう。

 

三つ目は、「スピーカーの質はどのくらいか」。
コーデックと同じく音質に影響します。
基本的には、「スピーカーボックスの容積」と「アンプの出力」に比例します。

 

四つ目は、「どのような場所で使えるのか」。
スマートフォンなどの性能が上がるに従い、昨今はいろいろなシーンで音楽を楽しめるようになっています。
そのため、音質に重きを置いた物だけでなく、持ち運びしやすいよう携帯性を高めた物や、浴室などでも使えるよう防水性を高めた物などもあります。

 

どういったシーンで使いたいかということを明確にしておけば、選びやすくなります。
その際、屋外での使用が多いようであれば、バッテリーはどのくらい保つのかということを確認しておいたほうがよいでしょう。

 

また、Bluetoothスピーカーの中には、有線が使える物もあります。
アナログ入力だけでなく、音質がクリアな「光デジタル入力」に対応している物もあるので、屋内で使うことが多いのであれば、入力方式も確認したほうがよいでしょう。

 

そして、携帯性の高い物であれば、人の目に触れることも多いので、カラーリングなど外観にも気を配ったほうがよいといえます。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|マーケティング経営研究.net|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|カウンセリングのお悩み解決サイト|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|